借り換えはお得?横浜銀行住宅ローン


横浜銀行住宅ローンの借り換えはお得?審査は通りやすい?

 ローンの返済をしていく中で気になるのは毎月の返済額と、金利です。毎月の返済額が高ければ、生活に支障をきたし、余裕がなくなります。そして、金利が高ければ返済額も大きくなり、そして、返済期間も長くなってしまいます。もし、金利によって、返済額、そして、返済期間が長くなっているならば、ローンの借り換えを検討することも一つの方法でしょう。

 ローンの借り換えをするからには、現在借り入れしている金利よりも低金利であるということが条件となりますが、借り換えと言っても、少ない金額の借り換えをしても意味がありません。ここで指す借り換えとは、住宅ローンの様な大きな金額を指します。とはいってもあまり大きな金額ではないのに、借り換えをする人も少ないでしょう。それか複数の金融機関で借り入れを行っている場合、おまとめローンとして借り換えする事はあっても数十万単位で借り換えをするのであれば、借り換えしない方がお得です。と言いますのも、借り換えするにも手数料や保証料が発生するからです。

 そして、その借り換え先をどこの金融機関にするか、ということですが、最近話題を集めているのが横浜銀行です。ここでは、あえて住宅ローンのように大きな金額の借り換えの話をしますが、住宅ローンのように大きな金額の借り入れの場合、金利によって、毎月の返済額が左右されます。たとえば、変動金利で借り入れを行った場合、大した変動がなければ、借り入れ当初と変わらない返済額を毎月支払って行けばよいのですが、変動ですから、変動しないわけがありません。時によっては金利の上昇が著しい場合もあり、その時に固定にしておけばよかったと後悔するものです。

 ここでは横浜銀行を例に挙げますが、では、今話題の横浜銀行借り換え住宅ローンをするにはどうしたらよいのでしょうか?それはまず、住宅ローンを組んでいる住宅を横浜銀行の抵当に入れて担保設定することによって、横浜銀行借り換え住宅ローンで借り入れする事が出来ます。これはどこの銀行に行っても当然の話なので、必要最低限の条件になりますが、他に満20歳以上であること、そして、最終返済時点で、82歳未満の方となりますので、借り換えを行う際には条件を満たしているかどうか確認してから申請が必要です。もちろん、借り換えの際の審査も必要となりますから、住宅ローンを組んだ時とほとんど同じ条件が加わります。

 そして、審査に通れば晴れて借り換えOKとなり、依然より計画的に資金計画が組めると思いますが、たとえ金利が安くなったとしても支払計画をしっかり行わなければすべてが水の泡になりますので、横浜銀行借り換え住宅ローン支払計画はきちんと立てるのが賢く借り換え、そして返済のポイントになります。

 

横浜銀行住宅ローンで借り換えするメリットとデメリット

横浜銀行住宅ローン借り換えを行うにあたり様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと労力を比べて行わないという決断もありです。

横浜銀行住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても横浜銀行住宅ローンは組めるの?」という内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によって個人別にローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないと信用情報が悪くなりローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは横浜銀行住宅ローン借り換えの審査でも引っかかるポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので横浜銀行住宅ローンを組めない場合に提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

1度組んだ横浜銀行住宅ローンを他のローンにする横浜銀行住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですがローンの借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくい可能性が高まります。

新規の借入時よりもさらに金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かどちらが得なのでしょうか・金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わってしまうので場合によっては、固定制の金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は多くの人は変動を選ぶようです。

参考:住宅ローン借り換えランキング!一番お得な銀行は?【金利比較】

固定制の場合は、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても返済額が変わらないので心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

皆さんは横浜銀行住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんがその場合、毎月の返済額が高くなります。

中には、毎月の返済額を減らそうと横浜銀行住宅ローン借り換えを検討する方もいると思います。

よく「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

例えば、借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも転職をして年収が下がってしまった場合や住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

こういったことがあるので1度通ったからと安心しないようにしましょう。

毎月のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

もし今、借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える場合は別の保険に加入することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金を受け取るには、保険金額が適切な金額になっている必要があります。

火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えのタイミングに見直してはいかがでしょうか。

家計を圧迫する横浜銀行住宅ローンの返済ですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などいろいろな費用が発生しますので、費用を入れて計算したらあまり得しなかったということもあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

横浜銀行住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行から融資を受けて、現在借入中の銀行に完済することで債務を別の銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても大丈夫です。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので3回も行えば十分低金利なところからkリテいる形になるからです。

ベストなタイミングは誰にも予測できません。

そのため、借り換えのタイミングとよく言われているのがそのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

横浜銀行住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には横浜銀行住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低いだけというメリット以外も求めていますよね。

具体的に考えてみましょう。

ひとつ目は保証料がかからないことです。

ひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%くらい」と言われ、それ以上に大切なのが繰上げ返済が簡単で手数料がかからないことです。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も少なくなっていきます。

全銀協|全国銀行協会