経営者の住宅ローン審査


経営者の場合住宅ローンの審査が有利になる?

マンションの購入を考えていらっしゃる方は多いですよね。

購入に当たり金利や条件等のほか審査通りやすいとか繰り上げ返済できるなどの条件が整った住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネット銀行や信用金庫、住宅金融専門会社などからも申し込みが出来ます。

経営者が住宅ローンを組む際には金利・手数料・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい数週間を見ておきましょう。

ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。

諸費用には印紙代金や手数料など色々な物が含まれ、人それぞれですが数十万円は必要。

住宅購入を考えても実際に住めるようになるまでこれらの問題を解決していかなければいけません契約終了には約3.4カ月かかる事が多いです。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫また審査通りやすいなどとも最近口コミで言われているインターネットバンキングでも受付ています。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

重要視される点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも判断されるので「私ダメかもしれない・・」ともし心当たりがある場合は最初にそちらをちゃんとしてから申し込みをした方が審査通る率が高くなるでしょう。

利用者の多い経営者でも住宅ローン審査に通りやすい銀行等で検討中という方もいますが、固定金利もしくは変動金利ってどちらがいいんでしょう?その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、ローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

ただ、低金利の現代において意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、シッカリと自分の目で見極めていくことも必要ですね。

新築と建てようかなと思っている人、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、住宅ローンの返済額を大まかに計算できるのでとっても役立ちます。

法人でも簡単にできるシステムなので使いやすく、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

不安な点などあれば、経営者でも住宅ローン審査に通りやすい銀行や条件の良い信用金庫などに直接確認しておきましょう。

経営者が住宅ローンを借りるときには頭金が必要ってご存知でしたか。

頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

ただし、金利が高くなって返済額が多くなり、審査も厳しいといわれます。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に用意しておくのが審査通りやすい点においても良いでしょう。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の書費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており人気の銀行はどこなのかを知らない為に、会社経営者は住宅ローン審査通りやすいとか厳しいとかいう情報も多い中一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

参考:経営者の住宅ローン審査は有利?メリットとデメリット!【審査基準は?】

自分では決めかねるという方は、銀行の担当者に相談した上でお金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないみたいで・・。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

住宅ローンは審査に通るか、通りやすいかばかりを気にしがちですが、返済は30年以上の長い期間を通して返済していくものですから、経営者が住宅ローンを借りるために勉強している方なら1度は耳にしたこともあるはずの名前だと思います。

フラット35の最大のメリットは、35年間金利が変わらないという事。

特殊といっても、法人でも申し込みは可能です。

ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

変わっているとはいえ、審査通りやすいかどうかはやはり年収を含めた支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

住宅の価値よりも収入を重視して審査を行います。

他のローン審査と違う点は、『住宅価値重視!!』というポイントなのです。

違う点は、『貸付をする住宅に価値があるかどうか?』という所を重点的に見られるという点です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が厳しい、つまり通りにくいという事になります。

これから住宅ローンを借りたいという方は、借りるために必要な諸経費とその他にも何が必要か調べましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

広告に書いてある金利が安いからとか住宅ローン審査通りやすいからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれをしっかりシュミレーションした上で比較しましょう。

そうですね例えば、金利が安くても保証料が高かったり思ってもいない部分で費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

 

 

経営者の住宅ローン審査はやっぱり厳しい?

経営者が住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に借入れを申し込もうと(できれば審査通りやすいといいのですが・・・)決めないといけません。

例をあげると、地方銀行や労金、都市銀行やネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを借りられます。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、申し込みも審査通るとわかった後やその後の手続きもネット上で行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月々の返済を少額にしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。

自分の家を建てよう!と思ったとき役立つものとして住宅ローンがあります。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うのでそこで提携している金融機関が審査通りやすいのなら申し込みをしても良いと思います。

返済期間は人によってまちまちですが最長35年まで借り入れする事が可能です。

しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは難しくなるというか落ちたというケースもあるようです。

経営者でも住宅ローン審査に通りやすい銀行でローンを組めたので新築を購入したばかり!という夫婦が離婚するという方返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

不要になった住宅を売却しお金に変える場合、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

よく話し合ってお互いが後悔のない決断をしたいものですね。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。

ただ注意点がいくつか!一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

またリフォームが必要な場合もあしますし、住宅ローン審査通りやすいかどうかなども気になるもの。

リフォームその費用も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

「やっぱり自分の家くらいは建てとくべきか・・・」と思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

審査通りやすい銀行もありますがこの審査で重要とされる基準は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

さらに、カードローンの利用歴も厳しい目でチェックする可能性も高いのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅ローン審査に通らなければそれはただの夢です。

住宅ローンなしでもマンションを購入できるなら大丈夫ですがそういうやり方は一般の人にはちょっと大変かもしれません。

ですので、審査が通りやすいとか金利が低い金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、審査に通る人もいますが、まれに中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

家賃を払うのがもったいないので家を建てる事にしようと思ったらほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。

金融機関ならどの場所でも申し込みが可能なのでせっかくですから審査通りやすいところのほうがいいですし、更に評判が良い所が良いですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり良い契約条件で納得したいと思っている場合は参考になると思います。