シュミレーションをしてから借り換えを


借り換え前にしっかりとした返済計画をシュミレーションで立てましょう

 今は金利が安い時代と言われていますが、以前は今ほど金利は安くありませんでした。その為、その時期にローンを組んで今も返済している人にとっては今の時代の低金利が魅力と感じる人も少なくないでしょう。

 例えば、住宅ローンがあと15年以上残っているのであれば、それは確実に住宅ローンの借り換えをした方がお得です。毎月の返済額だけではなく、合計返済額も減額出来るはずです。金利が1パーセント下がれば、数百万単位で節約することが出来ます。例えば、金利が2パーセントだった場合に、1パーセントで借り換えをしたら支払う利息が半分になる、という事なのです。1000万円借入したら毎年20万円の利息がかかるところを1パーセント下がるだけで10万円になります。それが15年続けば150万円の節約になるのです。これだと車一台分の値段ですよね。住宅ローンを返済しながら借り換えをするだけで車一台購入出来ることになるのです。

 そして、毎月の返済額が減れば、自然とローン借り換え後の返済計画も立てやすくなるでしょう。借り換え先の銀行で借り換え後の返済シュミレーションをしておけば、毎月の返済額を算出することが出来ますからそういうツールを利用して、住宅ローンを借り換えるのもいいかもしれません。

 

借り換え審査で困ったときは?

住宅ローン審査落ちた?基準通らない!【審査甘い銀行は?】
住宅ローン審査に落ちた理由を分析し銀行を比較することで、審査基準のゆるい銀行や甘い金融機関を見つけることができます!住宅ローン審査に落ちてお悩みの方におすすめのランキングをご案内します!
www.jutakuloan-ochita.com/